【ウマ娘】スコーピオ杯2022用・先行クリオグリ育成論

こんにちは、ルネ(@renekuroi)です。

今回のテーマは「スコーピオ杯2022用・先行クリオグリ(クリスマスオグリキャップ)育成論」です。

スコーピオ杯2022において、作りきった時の強さは追込クリオグリにやや劣る感がある先行クリオグリ。ただ、追込クリオグリの育成難易度は非常に高く万人におすすめしにくいのがあるのと、かつ先行クリオグリでも十分プラチナを取れるだけのポテンシャルはあります。そのため、育成難易度が低めの無難択ということで、まずはここから書いていくことにしました。

というわけで、以下、スコーピオ杯2022用先行クリオグリの育成論について解説していきますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

先行クリオグリの目標ステータス

スピードスタミナパワー根性賢さ
1400↑800↑+金回復1白回復2~3(+固有回復分)1050↑600↑1100↑

スコーピオ杯用先行クリオグリの目標ステータスはこんな感じ。毎度ながらのグランドライブ育成を想定した数値となっています。

相手にスタミナデバフがいる可能性を想定して、スタミナは余裕を持った数値に。相手がスタミナデバフ4の場合を想定するとさらに欲しい感もありますが、結局これもどこまでデバフをケアするかという話になってくるので、チャンミでこのぐらいあればほぼ問題なく走れるだろうという数値にしています。スタミナデバフ当たらない読みで突っ張るなら、これより少ない数値でもOK。また、回復スキルのスタミナ換算については、金回復1個がスタミナ200、白回復1個がスタミナ55ぐらいを目安にするのが良いかなという気がします

スピードは1400以上としていますが、できればもう少し盛りたいし、可能ならば1600欲しいイメージ。加えて、今回は下り坂が終盤前にあることもあって、速度を上げる下り坂モードに入る確率を上げるための賢さは重視して盛っておくことをおすすめします。できれば1200以上あるのが理想。

あとは、プラチナ狙いなら当然中距離Sは必須。毎度の話ですが、「右回り◎/○」「秋ウマ娘◎/○」あたりでスピードをさらに底上げできるとより良いです。

スポンサーリンク

先行クリオグリ・育成時の注意点

「決意の直滑降」は終盤加速として必ず欲しい

今回、いつもの先行クリオグリと明確に異なる点は、「決意の直滑降」を必ず積んでおきたいという点です。既にスコーピオ杯のコース解説記事でも説明しましたが、今回は下り坂のどこで発動しても終盤加速として有効に機能するスキルなので、必ず入れておきたい。そのため、編成にはSSRニシノフラワー(賢さ)は必ず入れておきたいですね。

下位スキルの「直滑降」で妥協するのもまったくないわけではないですが、SSRニシノフラワー(賢さ)のサポート性能が高く、ステ伸ばしでもあまり足を引っ張らないので、サポートを用意できるのであれば「決意の直滑降」をしっかり取りに行くことをおすすめします。

「ノンストップガール」は「垂れウマ回避」での妥協もありか

一方で、「ノンストップガール」は「垂れウマ回避」でも妥協OKかなと思っています。理由は、SSRユキノビジン(賢さ)のサポート性能が低く、「右回り○」「秋ウマ娘○」を追加で覚えられるSSRファインモーションを採用したほうが良さそうというのと、加速は固有分と「決意の直滑降」でそれなりに足りてるから。今回は逃げが厳しく先行環境になりそうなので、先頭にいたら発動しませんしね。

加えて、今回は下り坂モードに入るための賢さを伸ばしたいので、その意味でも性能が高いSSRファインモーションを使いたいですね。そのため、「垂れウマ回避」をSSRファインか因子から覚える想定でいくのをおすすめします

スポンサーリンク

回復は「スリーセブン」メインの「U=ma2」保険がおすすめ

固有スキル「聖夜のミラクルラン!」についてですが、今回はいつもながらの「スリーセブン」起動で終盤接続を狙う形です。これについてはコース解説記事でも既に話しているいつものやつですが、今回は継承「U=ma2(アグネスタキオン固有)」が保険として機能するので、安定感重視でそちらも積んでおくのがおすすめのスキル構築。

「U=ma2」でのミラクルランはやや有効度が落ちるので、最大値重視なら保険なしの「スリーセブン」のみというのも一応ありですが、個人的には保険を積みたい派です。

その他の回復スキルについては、回復に順位条件のない「食いしん坊」は必ず積み、残りは同じく順位条件のない「コーナー回復○」「軽やかステップ」を理想としつつも「好位追走」「スタミナキープ」あたりでの妥協も今回はありかなと思います。理由は、今回逃げウマ娘が非常に厳しい環境で、逃げがかなり少ない環境になるという想定の場合、5位までの順位条件を満たしやすいから。

なので、今回は「好位追走」「スタミナキープ」で妥協する省エネプランでも十分にまかり通りそうな気はしています。手を抜きたい方はそっちに流れるのもアリ。

スポンサーリンク

序盤前に出るための直線速度スキルや「地固め」あたりを可能な範囲で積む

さらに、先行に関しては今回「幸運な先行」問題が絡んできます。要するに、逃げ不在時に先頭の先行ウマ娘が逃げウマ娘のような挙動をすることなんですが、今回の先行同士の対決だと幸運な先行になったほうが圧倒的有利なため、序盤に前に出て「幸運な先行」を狙うことがかなり重要になってきます

その助けとして活躍してくれるのが直線速度スキル。これが序盤の早い段階で発動すると、ペースダウンモードの解除で一気に前に出ることができるので、「幸運な先行」取りに重宝します。具体的には「中距離直線○」「先行直線○」「直線巧者」あたりで、これらのスキルは取れる範囲で優先して取ることをおすすめします。「ウマ好み」とかも序盤の先頭争いに貢献するので、優先度高め。

加えて、「地固め」「巧みなステップ」あたりも前に出るために貢献するので、可能であれば欲しいですね。積む難易度も考えると必須とまでは言いませんが、より完成度を詰めるなら積んでおいたほうが良いスキルです。

スポンサーリンク

おすすめのサポート編成例

編成例1(スピ3賢さ2友人1/スタミナ因子ガン積み)

おすすめ編成例の1つはこちらのおなじみスピ3賢さ2友人1。スピパワ賢さを非常に伸ばしやすい編成で、育成難易度が低め。また、「決意の直滑降」用SSRニシノフラワー(賢さ)を採用した形となっています。スピードサポートに関しては、スタミナを補う「レースプランナー」を覚えられる配布SSRメジロアルダンとかも選択肢。また、「良バ場の鬼」を積めるSSRナリタトップロードとかもあり。

とにかくスタミナが伸びない編成なので、因子に関してはスタミナ因子ガン積みの想定です。具体的にはスタミナ因子15~18推奨。スタミナ因子が足りない!という場合は、前述のアルダン「レースプランナー」で補う択をおすすめしますが、その分他のスキルを取れなくはなるので、そことの兼ね合い次第ですね。

スポンサーリンク

編成例2(スピ2スタ1賢さ2友人1/パワ根性賢さ因子寄せ)

こちらのスピ2スタ1賢さ2友人1もおすすめ編成例の1つ。こちらの編成のほうが持久力を高くしやすいので、よりスタミナデバフを強く対策したい場合はこちらのほうが良いかも。まあその場合はスピ3スタミナ因子ガン積みにアルダン積みのパターンでも良い気はしていますが。あと、この編成は資産がけっこう必要なのと、育成難易度が高め。

因子については、こちらはスタミナサポートでスタミナを盛れるので、パワー根性賢さ因子などを補う形です。因子の制約がそこまで強くないので、スタミナ因子の用意ができない人がこっちで頑張るという択もありそうか。

スポンサーリンク

編成例3(スピ3賢さ3/低予算編成/スタ因子寄せ)

低予算編成なら、スピ3賢さ3みたいな編成とかになりそうです。画像のものは、ガチャSSR完凸の採用はSSRキタサンブラック、SSRファインモーションのみにとどめ、残りをSRと配布サポート、レンタルで補った形。友人ライトハローを持っていない想定の編成なので、積めるなら賢さサポート枠を1つライトハローにしたほうが良さそうです。

こちらもスタミナを盛りにくい編成なので、スタミナ因子ガン積みが良さそう。とはいえ、金回復2を積める編成ではあるので、多少パワー因子とかに回してもいいかも。

スポンサーリンク

優先スキル一覧

以下、優先して積みたいスキルを表でまとめておきます。

最優先で積みたいスキルできれば優先で積みたいスキル
スリーセブン良バ場の鬼(良バ場◎/○)
食いしん坊先行のコツ◎/○
その他のコーナー回復○、軽やかステップ、好位追走あたりのトリガーになる回復中距離コーナー◎/○
決意の直滑降(直滑降)先行コーナー◎/○
垂れウマ回避弧線のプロフェッサー(コーナー巧者○)
中距離直線◎/○いいとこ入った!(スリップストリーム)
先行直線◎/○尻尾上がり
直線巧者アンストッパブル(攻めの姿勢)
お先に失礼っ!(遊びはおしまいっ!)キラーチューン(テンポアップ)
ウマ好みアガッてきた!(ペースアップ)
右回り◎/○決死の覚悟(ありったけ)
秋ウマ娘◎/○スピードスター(抜け出し準備)
下り坂巧者
地固め
巧みなステップ
一匹狼
キミと勝ちたい
U=ma2
恵福バルカローレ
スポンサーリンク

さいごに

そんなわけで、スコーピオ杯2022用・先行クリオグリの育成論についてお送りしてきましたが、いかがだったでしょうか?

作り込んだ時の強さは追込クリオグリのほうが上感がありますが、先行クリオグリのほうが育成難易度が低く、作りやすいのが魅力。ほどほどの労力でチャンミに挑みたい方には最もおすすめの択という気がしますね。追込クリオグリ育成がかなりの修行なので、万人におすすめできる択ではないため……。

追込クリオグリ育成の話はまた次回以降の記事でするとして、今回はそんな感じです。それではまた。


スポンサーリンク
スポンサーリンク