【ウマ娘】スコーピオ杯2022・最新Tier表と環境解説

こんにちは、ルネ(@renekuroi)です。

今回のテーマは「『スコーピオ杯2022』の最新Tier表と環境解説」です。気づけばチャンミ開催ももうすぐで、いつものこの記事を出すのがちょっと遅れてしまいましたが、現在の最新環境について、更新したおすすめウマ娘Tier表つきで解説していこうかと思います

というわけで、もう開催はすぐそこではありますが、スコーピオ杯2022の準備にご活用いただければ幸いです。

スポンサーリンク

おすすめウマ娘最新Tier表と各脚質の立ち位置解説

Tier表最新版(2022/11/11版)

↑が現環境最新版(11/11時点)のTier表です。まず圧倒的に強いのが追込クリオグリで、それに次ぐ存在が先行クリオグリという具合で、今回はチャンミ史上屈指のクリオグリゲーです。さらにその対抗馬になりうるのが、この間出たばかりのタマモクロス【新衣装】ゴールドシップなど。ここまでクリオグリが強いと、ぶっちゃけ追込クリオグリを1人出して、あと2人はスピードデバフかスタミナデバフを出しておけば良いんじゃないかという気もしますね。

以下、それぞれの脚質について解説していきます。

スポンサーリンク

現環境における各脚質の解説

逃げウマ娘

今回の逃げウマ娘は、今までのチャンミの中でも最も厳しい立ち位置と言っても過言ではないです頑張ればやれないわけではないですが、趣味でどうしても逃げでやりたいという人以外は選ぶべき脚質ではないですね。この辺は、最初に載せた解説と事情はあまり変わっていないです。

数少ない逃げ勢の中で、ルムマでたまに勝つのを見るのはセイウンスカイだったりミホノブルボン【新衣装】だったり。一応、逃げでバ群が伸びると最強の追込クリオグリに対してちょっとした妨害になりますが、かなりの仕上がりでないとそれで勝てるわけではないので、やはり微妙な感じ。ただ、バ群が伸びると先行がやや追込に対して強くなるので、先行勢を追込クリオグリに勝たせたいために逃げを自前で用意するのは一応チーム戦略としてありなのかも。

スポンサーリンク

先行ウマ娘

先行ウマ娘は今回終盤加速に恵まれていて強いといえば強いんですが、逃げ不在でバ群が伸びないことが多く、追込クリオグリ有利の環境になってまくられがち。とはいえ、追込クリオグリ以外の選択肢では間違いなく有力な脚質ではあります

先行の中で最強格はやはり最初に話したように先行クリオグリ、それに次ぐのがタマモクロス【新衣装】です。逃げ不在の環境になりがちなことを考えると、先頭になることを見越しての継承「アングリング×スキーミング」採用もメタ的にぜんぜんありそう。特に、新タマモは固有と中盤スキルの強さで先頭に出やすいので、継承アンスキをかなり優先して採用しても良い気がします。

他のウマ娘についても「決意の直滑降」「快進撃」「ノンストップガール(垂れウマ回避)」あたりを積めば割と誰でもそこそこやれます。追込クリオグリにはかなり分が悪いですが、どのウマ娘でもそれなりに戦えるので、推しを勝たせるために作り込むには最適の脚質とも言えます。

先行クリオグリとその他先行ウマ娘の育成論は↓。

関連記事

こんにちは、ルネ(@renekuroi)です。 今回のテーマは「スコーピオ杯2022用・先行クリオグリ(クリスマスオグリキャップ)育成論」です。 スコーピオ杯2022において、作りきった時の強さは追込クリオグリ[…]

関連記事

こんにちは、ルネ(@renekuroi)です。 今回のテーマは「スコーピオ杯2022用・先行ウマ娘育成論」です。ここまではクリオグリ2種の育成論を紹介してきましたが、今回はクリオグリ以外の先行ウマ娘の育成論を紹介。正[…]

スポンサーリンク

差しウマ娘

差しウマ娘については、前にも話したように、取れるスキルの関係上ほぼ追込の下位互換で、選択する意味は薄い。あえて選ぶなら、追込への改造が適性的に難しいメジロドーベルでしょうか。「淀の申し子」「秋ウマ娘○」を取れる点を評価したのと、本体固有の彼方が発動すればさすがに加速的には強ので。

なので、もし差しウマ娘で勝ちたい!という人は通常ドーベルがおすすめです。ただ、固有スキルで加速できないとどうにもならないので、採用する場合は発動条件の5~6位を確保するために中盤速度スキル多めかつ後ろ多め編成で。

スポンサーリンク

追込ウマ娘

追込ウマ娘については、全脚質の中でも明らかに抜けて一番強い追込クリオグリが最強。使ってみるとわかるんですが、他のウマ娘を寄せ付けない圧倒的な強さを誇ります。なので、因子やサポートが用意できるなら追込クリオグリを頑張って作るのを推奨。筆者も妥協レベルのはできているので、最悪それをチャンミに出す予定です。

大きく差はつきますが、クリオグリに次ぐ追込勢はゴールドシップ、さらにそれに次ぐのがスイープトウショウアグネスデジタルなどでしょうか。クリオグリ以外の追込勢は「彼方アナボ」に加えて「ノンストップガール」がないと加速的に厳しいので、必ず積んでおくのをおすすめします

追込クリオグリやその他追込ウマ娘の育成論は↓。

関連記事

こんにちは、ルネ(@renekuroi)です。 今回のテーマは「スコーピオ杯2022用・追込クリオグリ(クリスマスオグリキャップ)育成論」です。 前回は先行クリオグリの育成論を紹介したわけですが、今回は育成難易[…]

関連記事

こんにちは、ルネ(@renekuroi)です。 今回のテーマは「スコーピオ杯2022用・追込ウマ娘育成論」です。今回はスコーピオ杯育成論シリーズの最後で、先行と同じく今回有力脚質である追込ウマ娘の育成論になります。ち[…]

スポンサーリンク

デバフウマ娘

脚質ではないですが、今回も忘れてはならないのがデバフウマ娘の存在。当たり前のように今回も強く、ヴァルゴ杯の時のようにクリオグリ+デバフ2みたいな編成が正当化されます。というか、恐らく今回環境トップのチーム編成がそれなので、私も追込クリオグリ+デバフ2の編成で臨もうかなと。

安定のスピードデバフか、スタミナの足りない相手に刺さると強いスタミナデバフかは好みですが、チャンミだと割とスタミナ舐め太郎が多そうだし、スタミナデバフは刺さりそうな気はします。自分はまだちゃんとしたスタミナデバフを作ってないのでスピードデバフでいいか的なノリですが、クリオグリが早めに仕上がればスタミナデバフもちゃんと作るかも。

デバフウマ娘の作り方については、ヴァルゴ杯の時に書いた↓を参照。スタミナデバフネイチャについては、作り込むなら走れるステータスにしつつ「564継承固有」+「魅惑のささやき」に加えて「八方にらみ」を積む構築にするのもありそう。

関連記事

こんにちは、ルネ(@renekuroi)です。 今回のテーマは「ヴァルゴ杯直前でもすぐ作れる! デバフウマ娘育成論」です。 気づけばもうチャンミ本番もすぐそこ。筆者も今月はリアル多忙でめちゃくちゃバタバタしてい[…]

スポンサーリンク

さいごに

というわけで「『スコーピオ杯2022』のおすすめウマ娘最新Tier表と環境解説」でしたが、いかがだったでしょうか?

最初に話したように、今回は追込クリオグリが強すぎて過去最大級のクリオグリゲー。正直もう少しなんとかならんのかな感はありますね。まあ運営が用意した環境で走るしかないので追込クリオグリは作ったわけですが、育成難易度が非常に高いので、先行クリオグリでの妥協もアリ。ヴァルゴ杯の時もそうでしたが、こだわりがなければクリオグリ1人をしっかり作って、残りはデバフで埋めればいいと思います。実際、それで野良ルムマもかなり勝てるので。

今回はそんな感じです。それではまた。


スポンサーリンク
スポンサーリンク