【ウマ娘】育成で決して無視できないレースボーナスの話

こんにちは、ルネ(@renekuroi)です。

今回のテーマは「レースボーナスが育成でとても重要な話」です。サポートについてくるこのレースボーナス、なんとなくでやってしまっている方も少なくないんじゃないかと思いますが、実は育成においてかなり大事です。

レースボーナスが一定の水準以上であれば、G1目標レースの1着でもらえるステータス上昇もALL3からALL4になります。微々たる差に見えるかもしれませんが、目標レースには何度も出るわけで、塵も積もれば山となる。さらに、もらえるスキルptにもボーナスはかかってくるので、レースボーナス分で1つ以上スキルを多く取れるケースも十分ありえます。

そこで、今回はこのレースボーナスに関する基本的な話、◯◯%以上あればいいのかなどの話をしていきます。育成時のサポート編成の参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

できればレースボーナス34%以上を目指したい

まず、最初に目標として置きたいのはレースボーナス34%以上です。これは、レース後のステータス上昇がALL3からALL4になるのがこの34%以上からなので、目安として覚えておくと良い。実際の運用では35%に調整することが多いと思います。

上限解放が進んでいない段階だと高い目標になってしまいますが、それなりに上限解放が進んでいるなら、まずこの数値を目指しましょう。ちなみに、サポートの固有ボーナスのレースボーナスは5%計算なので、それも込みで計算すること。

ちなみに、URAファイナルズ勝利時にもらえる基礎点はALL10なので、この場合はレースボーナスが40%だとALL1450%ならALL15もらえます。その意味では、40%↑あったほうがよりステ上昇的にはおいしいですね。

スポンサーリンク

スキルptとレースボーナス

ちなみに、34%以上という差し当たりの目標は置きましたが、盛れるならできるだけ盛りたいボーナスです。というのも、冒頭でもちらっと触れたように、このレースボーナスの計算は、レース後にもらえるスキルptにも掛かってくるからです。チームレースのスコアを増やすためにスキル山盛りウマ娘を作るためにはレースボーナスがあればあるほど良いという話。

ちなみに、各レースでもらえるスキルptの基礎点の最大値は以下となります。

レースのグレードもらえるスキルptが最大の時の基礎値
OP以下30
G335
G235
G145
URAファイナルズ予選40
URAファイナルズ準決勝60
URAファイナルズ決勝80

1~3着とかだとこの表の最大値のポイントがもらえるので、これとレースボーナス分の+◯◯%分を加えることで、取得できるスキルptが分かります。つまり、仮にレースボーナス40%だと、URAファイナルズの3レース分だけでもボーナス無しの時と比べて72ptもスキルptが多くなるわけです。

このことから、レースボーナスを盛ることがいかに育成において大事か、お分かりいただけたかと思います。サポート編成の時点で、どれだけレースボーナスを積めているかをしっかり意識して編成を組んでいきましょう。

スポンサーリンク

最大Lvでレースボーナスが10%に達するSSR/SRサポートまとめ

最後に、完凸最大Lv時にレースボーナスが10%に達するSSR/SRサポートをまとめて紹介します。これらのサポートはレースボーナス要員になるというだけで評価が上がるので、しっかり頭に入れておきましょう。

SSR

  • ゴールドシチー(スピード)
  • サクラバクシンオー(スピード)
  • スペシャルウィーク(スピード)(固有込み)
  • トウカイテイオー(スピード)
  • ビコーペガサス(スピード)
  • サクラチヨノオー(スタミナ)(固有込みで15%)
  • サトノダイヤモンド(スタミナ)
  • スーパークリーク(スタミナ)
  • エルコンドルパサー(パワー)
  • スマートファルコン(パワー)
  • ヤエノムテキ(パワー)
  • ウイニングチケット(根性)
  • ハルウララ(根性)(固有込み)
  • ファインモーション(賢さ)

SR

  • マンハッタンカフェ(スタミナ)
  • ダイタクヘリオス(パワー)
  • ニシノフラワー(パワー)(固有込みで15%)
  • ヒシアマゾン(パワー)(固有込み)
  • メジロライアン(パワー)(固有込み)
  • エアグルーヴ(根性)(固有込み)
  • アグネスタキオン(賢さ)
  • マーベラスサンデー(賢さ)

SSRの面子はそもそも完凸までのハードルがかなり高いのでアレですが、イベントで配られたSSRスペシャルウィークSRのレースボーナス10%軍団については現実的に使えるライン。これらのサポートでレースボーナスを盛ることは、編成時にしっかり意識しておきましょう。それではまた。

スポンサーリンク