【ウマ娘】SRウオッカの性能を解説!

こんにちは、ルネ(@renekuroi)です。

今回のテーマは「新SRウオッカの性能解説と評価」です。11/19に行われたサポガチャ更新で新SRサポートとして追加されたSRウオッカ。SSRではパワーサポートとしての登場でしたが、今回はなんとスピードサポートとして新たに登場しました。

SSRのほうはヒントスキルも優秀なので、SRのほうにも同じものが設定されることを考えるとなかなか期待大。今回の記事ではそんなSRウオッカの性能ついて解説していきます。ぜひサポガチャを引くかどうかの参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

各種ボーナスや習得スキル/育成イベント

サポートタイプと各種ボーナス

サポート名タイプレアリティ
ウオッカスピードSR
解放Lv固有ボーナス名固有ボーナス効果
Lv25うるさい監視役トレーニング効果アップとヒント発生率アップ
※赤字は固有ボーナス込みの数字

習得可能スキル

ヒントスキル(ヒントイベントで獲得)
育成イベントスキル(育成イベントで獲得)
スポンサーリンク

育成イベント

■黄昏サボタージュ(連続イベント1回目)

選択肢効果
反省の態度を見せよう!体力最大値+4
パワー+10
ウオッカの絆ゲージ+5
素直に謝ればいいスピード+15
「マイルコーナー◯」ヒントLv+1
ウオッカの絆ゲージ+5

■勇戦ネバーギブアップ(連続イベント2回目)

選択肢効果
なしスピード+15
スキルPt+15

■憧れのセリフ

選択肢効果
見た目をワイルドにしてみたら?パワー+10
ウオッカの絆ゲージ+5
ワイルドなポーズをとってみたら?パワー+5
スキルPt+15
ウオッカの絆ゲージ+5

■大通りの強敵

選択肢効果
脇道を使う「垂れウマ回避」ヒントLv+1
ウオッカの絆ゲージ+5
全力疾走で向かうパワー+5
スキルPt+15
ウオッカの絆ゲージ+5
スポンサーリンク

育成イベントの「マイルコーナー○」習得が大きい

SRウオッカは既に書いたようにスピードタイプのサポート。スピードタイプは最低1枚、概ね2枚以上は育成に必須のサポートなので、キタサンリセマラで始めた新規勢にとってはここで実装されるのは嬉しいですね。

目玉は、育成イベントで覚えられる「マイルコーナー○」。コストパフォーマンスに優れた良スキルなので、これを覚えられるというだけでもマイルウマ娘の育成時に入れたくなります。

ヒントスキルにも「マイル直線○」「中距離直線○」もあり、いずれもコストパフォーマンスに優れた良スキルあり。現状のアオハル杯だとヒントスキルからのスキル習得率はやや低めであるとはいえ、見逃せないメリットと言えます。

差しウマ娘なら「差し切り体勢」も地味に悪くないし、スキル面に関してはなかなかぐらいの性能は持っているかと思います。ヒントLvアップが1しかないのが惜しい。

スポンサーリンク

トレーニング性能の評価値

評価値の計算について

トレーニング計算式

ステータス上昇値(①上昇基礎値)×(②育成ウマ娘成長補正)×(③友情ボーナス補正)×(④やる気効果補正)×(⑤トレーニング効果補正)×(⑥人数補正)

【共有用】ステータス上昇値計算式+トレーニングシミュレーターより引用

評価値の定義

トレーニング性能の評価値については、URAシナリオにおける調子絶好調、サポLv完凸MAX、Lv5パワートレーニング時の「スタミナ上昇値+パワー上昇値」とします。スキルPtについては、上昇量が微量なのと、同数時の数字の重要度が他の基礎パラメータの数字に比べてだいぶ落ちるので、評価値からは除外。

以下、友情トレーニング時と通常トレーニング時の評価値になります。

友情トレーニング評価値

通常トレーニング評価値

トレーニング性能は並レベルといった感じ

トレーニング性能はスピードサポートの中では真ん中ぐらいのそこそこ性能。初期絆20、得意率35もそれなりといった感じで、ある意味正しく並トレーニング性能と言えるでしょう。

とはいえ、スピードサポートのパワーボーナスは地味に強い点。他のSSRキタサンブラックらのパワーボーナス持ちと組み合わせることで、スピ賢編成などでもパワーを伸ばしやすくなる。

スポンサーリンク

結論:そこそこレベルのスピSR。マイルならワンチャン?

さて、今回のSRウオッカの結論ですが、「可もなく不可もなくなスピードサポート。資産少なめだったりマイルならワンチャンスありか?」です。

トレーニング性能は並ですが、パワーボーナス持ちなので、同じパワボ持ちのスピサポと組み合わせる分には使い所はあるかなという感じ。加えて「マイルコーナー○」を育成イベントで覚えられるのは地味に大きいので、それ狙いで採用する可能性はありそうですね。無理して引きにいくようなサポートではないものの、あると使うかもぐらいの強さ

今回はそんな感じです。それではまた。

スポンサーリンク