【ウマ娘】トレーニング効率で見るサポート評価(スピード編)

こんにちは、ルネ(@renekuroi)です。

今回のテーマは「スピードサポートのトレーニング効率を比較する」です。ウマ娘というゲーム、サポートにあれこれボーナスがついてますが、実際どれがトレーニング効率が良いのかパッと見ではわからないですよね。実は私、自分用に「どのサポートのトレーニング効率が良いか」というデータをスプレッドシートにまとめているのですが、今回はそこから一部抜粋して、トレーニング効率の良し悪しを簡単に紹介していきたいと思います。

関連記事

こんにちは、ルネ(@renekuroi)です。 今回のテーマは「スタミナサポートのトレーニング効率を比較する」です。前回の記事ではスピードサポートについて取り扱ってきましたが、今回はスタミナ編。 [sitecar[…]

関連記事

こんにちは、ルネ(@renekuroi)です。 今回のテーマは「パワーサポートのトレーニング効率を比較する」です。これまでの記事ではスピード&スタミナサポートについて取り扱ってきたので、今回はパワー編。 [sitecar[…]

関連記事

こんにちは、ルネ(@renekuroi)です。 今回のテーマは「賢さ根性サポートのトレーニング効率を比較する」です。今回は2パラメータまとめての合併号で、賢さと根性サポートを一気にまとめてこのシリーズを締めくくる形にていき[…]

今回はスピード編ということでスピードサポートの比較。サポート評価の参考としてご利用いただければ幸いです。例によって数字が苦手な方は、値の序列だけ見て感覚を掴む感じで。

スポンサーリンク

前提条件と計算の話

まず、トレーニングの計算式についてですが、こちらのあむ氏のトレーニングシミュレーター記載のものを使用します。大まかな内容については以下の通り。(各項目の細かい内容が気になる方はスプレッドシートの中身を見てください)

ステータス上昇値(①上昇基礎値)×(②育成ウマ娘成長補正)×(③友情ボーナス補正)×(④やる気効果補正)×(⑤トレーニング効果補正)×(⑥人数補正)

【共有用】ステータス上昇値計算式+トレーニングシミュレーターより引用

また、行うスピードトレーニングはLv5(夏合宿時と同じ)、調子は絶好調時、サポートのLvは完凸MAXLvとします。また、「②育成ウマ娘の成長補正」は0%の補正なしで計算します。そして、該当サポートが1人で通常のスピードトレーニングを行った場合、そして1人で友情スピードトレーニングを行った場合の2パターンの数値を出していきます。

そして、実際のステータス上昇値は小数点切り捨てになるんですが、今回は小数点のままスピードの上昇値とパワーの上昇値を足したもの評価値とします。上昇値の中にはスキルptも一応あるんですけど、スピードパワーに比べて数字が同数の場合の重要度がだいぶ落ち、そのまま合算するとやや歪になるので、今回は評価値から省きました。

スポンサーリンク

通常スピードトレーニングの場合

 

こちらが通常トレーニングの場合の評価値を上から順に並べたものとなります。特に評価値の計算には関係ないですが、参考用として得意率アップ初期絆ゲージアップの数値も記載してあります。

※キタサンブラックの得意率アップなど、固有ボーナスがあるサポートについては、それと合算した数値を出しています。また、固有ボーナスの数値はこちらを参考にしてます。

通常トレーニング時はトレーニング効果アップ10%とやる気効果アップ75%(固有込み)を併せ持つSSRツインターボの評価値が最も高く、スキル抜きでもサポートとして優秀なことが伝わってきますね。また、覇権of覇権サポートのSSRキタサンブラックのトレーニング効率もかなり優秀で、パワーボーナスを生かしてパワーも一緒に上げたいなら第一候補となります。続くのはトレーニング効果アップ20%(固有込み)のSSRビコーペガサス。こちらも評価値的にはかなり優秀なのですが、やる気効果アップがなくトレーニング効果アップのみの補正なのでこの位置。

ちなみに、この中でスキルptボーナス持ちSRスイープトウショウSSRサイレンススズカなので、これらはスキルpt分ちょっとだけ評価を上げてもいいですが、それにしても通常トレーニング時のサイレンススズカはトレーニング効率がずば抜けて悪いのがポイント。覚えられるスキルは優秀なんですが、スピードパワーの上昇値は完凸でもあまり期待できません。

スポンサーリンク

友情スピードトレーニングの場合

 

※友情ボーナスについては、固有ボーナスと基本ボーナスをそれぞれ掛けるので、分けて表記しています。

こちらが友情トレーニング時の上昇値。こちらでは友情ボーナスが計算対象になるので、SSRツインターボが落ちた分、友情ボーナス20%+固有分10%のSSRサクラバクシンオーや友情ボーナス25%+固有分10%のSRシンコウウインディの台頭が目立ちます。また、SSRキタサンブラックは相変わらずこちらでも優秀な評価値となっており、その強さを遺憾なく示しています。SSRビコーペガサスも続いて優秀な値を示しているほか、友情ボーナス35%のSSRスペシャルウィークも友情ありだと一気に伸びるのが印象的。もっとも、初期絆が10なので友情トレーニングができるようになるまでが大変ですが……。

通常トレーニングだと悲惨だったSSRサイレンススズカも友情ボーナス35%の効果で、友情トレーニングになると一気に伸びます。とはいえ、全体的には下位なので、あくまでスキル要員と割り切ったほうが良さそう。SRスイープトウショウなんかはスキルptボーナス組にも関わらずかなり評価値が高めなので、SRの友情トレーニング要員としてはかなり優秀です。

スポンサーリンク

さいごに

というわけで、今回はスピードサポート編でしたが、いかがだったでしょうか? 実際には「スピードボーナス」等の○○ボーナス系は数が重なれば重なるほどトレーニングの基礎値が上がり、ステータス上昇に大きく関わってくるようになるので、スピードボーナスパワーボーナス両持ちのSSRゴールドシチーSRキングヘイローはやや気持ち評価上目で見ても良いです。また、参考用として載せた初期絆ゲージや得意率アップなどを合わせて考えるとより正確なサポート評価に繋がると思います。

今後、スタミナサポートなど他の種類のサポートも取り扱っていく予定ですので、引き続きご利用くださいませ。それではまた。

スポンサーリンク