【ウマ娘】トレーニング効率で見るサポート評価(スタミナ編)

こんにちは、ルネ(@renekuroi)です。

今回のテーマは「スタミナサポートのトレーニング効率を比較する」です。前回の記事ではスピードサポートについて取り扱ってきましたが、今回はスタミナ編

関連記事

こんにちは、ルネ(@renekuroi)です。 今回のテーマは「スピードサポートのトレーニング効率を比較する」です。ウマ娘というゲーム、サポートにあれこれボーナスがついてますが、実際どれがトレーニング効率が良いのかパッと見[…]

関連記事

こんにちは、ルネ(@renekuroi)です。 今回のテーマは「パワーサポートのトレーニング効率を比較する」です。これまでの記事ではスピード&スタミナサポートについて取り扱ってきたので、今回はパワー編。 [sitecar[…]

関連記事

こんにちは、ルネ(@renekuroi)です。 今回のテーマは「賢さ根性サポートのトレーニング効率を比較する」です。今回は2パラメータまとめての合併号で、賢さと根性サポートを一気にまとめてこのシリーズを締めくくる形にていき[…]

基本的には扱うトレーニングが違うだけで、評価値の付け方は前回と同様なんですが、最初にこちらの記事にたどり着いた方向けに、改めてこちらにも前提を記載しておきます。サポート評価の参考としてご利用いただければ幸いです。

スポンサーリンク

前提条件と計算の話

まず、トレーニングの計算式についてですが、こちらのあむ氏のトレーニングシミュレーター記載のものを使用します。大まかな内容については以下の通り。(各項目の細かい内容が気になる方はスプレッドシートの中身を見てください)

ステータス上昇値(①上昇基礎値)×(②育成ウマ娘成長補正)×(③友情ボーナス補正)×(④やる気効果補正)×(⑤トレーニング効果補正)×(⑥人数補正)

【共有用】ステータス上昇値計算式+トレーニングシミュレーターより引用

また、行うスタミナトレーニングはLv5(夏合宿時と同じ)、調子は絶好調時、サポートのLvは完凸MAXLvとします。また、「②育成ウマ娘の成長補正」は0%の補正なしで計算します。そして、該当サポートが1人で通常のスタミナトレーニングを行った場合、そして1人で友情スタミナトレーニングを行った場合の2パターンの数値を出していきます。

そして、実際のステータス上昇値は小数点切り捨てになるんですが、今回は小数点のままスタミナの上昇値と根性の上昇値を足したもの評価値とします。上昇値の中にはスキルptも一応あるんですけど、スタミナ根性に比べて数字が同数の場合の重要度がだいぶ落ち、そのまま合算するとやや歪になるので、今回は評価値から省きました。

スポンサーリンク

通常スタミナトレーニングの場合

 

こちらが通常トレーニングの場合の評価値を上から順に並べたものとなります。特に評価値の計算には関係ないですが、参考用として得意率アップ初期絆ゲージアップの数値も記載してあります。

※サトノダイヤモンドの初期絆ゲージアップなど、固有ボーナスがあるサポートについては、それと合算した数値を出しています。また、固有ボーナスの数値はこちらを参考にしてます。

上昇値だけで見ると、トレーニング効果アップ15%(固有込み)とやる気効果アップ40%を併せ持つSSRタマモクロスが高いが、得意率アップがなし。次点に来るのがトレーニング効果アップ10%&やる気効果アップ55%(固有込み)のSSRサトノダイヤモンドSSRスーパークリークはトレーニング効果アップ15%ですが、やる気効果アップがないので、その分これらに上昇値で差をつけられている形です。

ちなみに、唯一のスキルptボーナス組のSRマヤノトップガンはスキルptが多く入ってくる分これより少し評価上目で見ても良いのですが、いかんせん初期絆ゲージ0でこの通常トレーニングの期間がかなり長いのが困りものです。友情トレーニングになると一気に上昇値が上がるのですが、せめて初期絆ゲージがもう少し高ければ……。

スポンサーリンク

友情スタミナトレーニングの場合

 

※友情ボーナスについては、固有ボーナスと基本ボーナスをそれぞれ掛けるので、分けて表記しています。

こちらが友情トレーニング時の上昇値。ここでは友情ボーナス25%+固有分10%のSSRスーパークリークが一気に跳ね上がって1位。続いて同じく友情ボーナス25%+固有分10%のSRマヤノトップガンが2位まで上がってきますが、先ほど話したように初期絆ゲージ0なのでここまでの道のりが遠い。そして、友情ボーナス20%+固有分10%のSRゼンノロブロイと続きます。

こう見ると分かるのですが、ゼンノロブロイはレースボーナスがないという欠点がある代わりに、トレーニング面では非常に優秀なサポート。スキル面でもなかなか有能なので、もしレースボーナスが足りれば採用していきたいサポートですね。

スポンサーリンク

さいごに

そんなわけでスタミナサポートのトレーニング効率をまとめてきましたが、いかがだったでしょうか? 実際には獲得スキルなどもサポート評価には関わってくるのですが、スタ根性の上昇値だけで見ると概ねこんな感じということで。初期絆ゲージや得意率アップなどをあわせて考えると、より正確なサポート評価に繋がるでしょう。

次以降の記事ではパワーサポートをまとめてみようかなと思ってます。それではまた。

スポンサーリンク